LOVE ANIMAL

LOVE ANIMAL ホーム » 
ラインスタンプ作りました。
ご購入はもーちゅとなーちゃん - LINE STORE

おすすめ







楽天で探す
楽天市場


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界でいちばん美しい村



3月25日から公開になった
「世界でいちばん美しい村」を観て来ました。



劇場は東銀座駅からほど近い東劇。

2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震発生当時、
私は東劇からすぐの場所で働いていました。
遅い昼食を済ませ、地下にある社食を出て
仕事に戻ろうと階段を昇っている途中で
体験した事のない強い揺れを感じました。
地震の時どうすれば良いのか、
ほとんど知識の無かった私は
そのまま一階の出口から外に出てしまったのですが、
そこで見えた景色は全てが大きく揺れており、
近隣ビルの屋上にある鉄塔が
こちらに倒れて来るのではないかと
恐怖を感じた事を今も覚えています。

映画「世界でいちばん美しい村」の映画監督である石川梵さんは写真家で
東日本大震災の時も地震発生の翌日には
単身、被災地に飛んで空撮をされています。
それから幾度となく被災地を訪れ、
車中泊をしながら撮影、取材だけでなく、救援物資を運び、
愛犬であるボーダーコリーの十兵衛くんと共に
皆を癒し、被災者に寄り添って来られた方です。
私が梵さんをtwitterでフォローしたのもちょうどその頃でした。

踏み込まないと、諸々を乗り越えないと撮れない写真
写真家としての瞬発力、精神力、行動力があるからこそ撮れる
エフェクトのかかっていない
ありのままの美しさや凄さを感じられる写真で
私はいつも圧倒されてしまうのです。

この映画は、そんな梵さんが
2015年4月に起きたネパール地震の震源地近くの村
ラプラック村の人々を追ったドキュメンタリー映画です。

ネパール地震の際、梵さんがネパールに向けて
日本を発ったのは、なんと地震発生から2日後でした。
東日本大震災の時と同様、現地に何度も通い
支援をしながらの取材が続きました。

天真爛漫な少年アシュバドル、
天使のような少女プナムとの出会いから
村人たちとの絆を深め、復興に向けて出来ることはやると
クラウドファンディングを立ち上げ、
写真家としての全てをかけて映画制作に臨まれました。

その過程を惜しみなくfacebookにアップして頂き
もう勝手に家族みたいな気分になっていた私は
映画が始まった途端、びっくりする位涙が溢れ
鼻水も止まらない(^^;;
やっと会えた〜と思いました。

今回作中の音楽を担当されたのが
ネパール人でスペイン在住のミュージシャン
Binod Katuwal(ビノード カトゥワル)さん。
バンスリという竹で作られた横笛を演奏されるのですが、
それが梵さんの撮ったネパールの景色に重なると
日本に居ながらネパールの空の下にいるかの如く
一気に映画の中へ引き込まれていきました。
映画の中では沢山、魅力的な人物が登場しますが
ビノードのバンスリは人々の喜怒哀楽を表現し、
その自然で神聖な音色はネパールの景色に本当によく合う
というか、ネパールそのものを表現しているように感じました。

ナレーションには倍賞千恵子さんが参加されています。
柴又駅前の寅さん像の側に、
倍賞さんの演じた「さくら」の銅像が立ってしまう位
説明不要の日本を代表する大女優さんなので
ナレーションも流石でした。
存在感がありながらも
映像の邪魔は決してしない。
逆にすっと映画の中に引き込んでくれて
全てを包み込んでくれる様な優しい声でした。

ビノードも倍賞さんもボランティアでの参加です。
根底にあるのはやはり愛だなと思いました。

パンフレットにも使われているのですが、
梵さんがラプラックを離れる際に
村人達からシャクナゲの花を貰っている素敵な写真があります。
梵さんを囲む村人たちの顔には笑顔が溢れ
感謝の気持ちでいっぱいなのが
真っ直ぐ伝わって来る一枚です。
私の母校の中学校には
裏庭にシャクナゲの木があり
初夏になるとその柔らかで美しい花を
校内行事で毎年写生していました。
私にとってシャクナゲの花は
故郷を思い起こす懐かしい花でもありました。
遠く離れたネパールの高地にも
同じ様に美しいシャクナゲが咲き、その花を
同じ様に大切にしている人々が住んでいるのだなと思うと
それだけで親近感が湧いてきます。

大地震で住み慣れた故郷を失い
大切な家族を失った人もいます。
それでも神と先祖の霊を深く信じ
生き生きと暮らす人々。
大自然の中でのびのびと育った
無垢で明るい子供達の笑顔は
孤独や悲しみから大人達を癒やし
生きる希望を与えてくれる存在です。

目に見える事柄に執着し、
溢れる物で武装して生きる私とは比較も出来ない位
シンプルで豊かな生活がそこにはありました。

映画のエンディングには
✳︎はなおと✳︎が歌うNda nahanが
映像に重なります。
冷たい空気によく似合う
ネパールの空に溶け込むようなせんちゃんの歌声
何だろう、もう言葉にならない感情が渦になって溢れ出してきて
またもや号泣。
悲しい涙じゃなくて
少し切なくて、とても温かい涙。
この映画には
作った梵さんはもちろん
ラプラックの村人たち、
映画に携わった沢山の人たちの
愛情と祈りと希望がいっぱい詰まっているから、
みんなの想いと
✳︎はなおと✳︎が曲に込めた想いとが重なって
あんなにも泣けてしまったのかもしれない。

ありのままに大自然と共に生きる
世界でいちばん美しい村に暮らす人々の事を
世界中の人に知ってもらいたいです。
映画を観終わった後、
自分が子供だった頃の事や
故郷の事を思い出し
懐かしく温かい気持ちになれる事でしょう。
映画は順次、全国で公開されています。
お近くで公開になった際には
ぜひ劇場へ!

フライヤー1

CD1

cd2

フライヤー2
スポンサーサイト

LINEスタンプ作りました

ふと思い立ち、もるちゃんとなーちゃんのLINEスタンプを作ってみました。

手作り感満載♪(* ̄ω ̄)v

よろしかったら、可愛がってやって下さい。

ご購入はこちらから↓

[もーちゅとなーちゃん]

スタンプ1
スタンプ3
スタンプ2


こんな感じで使えます💕

スタンプ4

スタンプ5

はっちゃんのワクチン

先週の土曜日、もるちゃんの病院から戻った時、ちょうどはっちゃんが居たので急いでキャリーを持っておやつで捕獲しようとしたのですが、頭のよいはっちゃんはキャリーバッグを怪しんで近寄って来ず失敗。
抱っこ出来る位慣れていたので、去年よりは楽に捕獲出来るだろうと高を括っていたのですが、甘かったです。

翌日からキャリーバッグに慣らそうと思い、ご飯の時間に毎回キャリーバッグを持参し、警戒が少し取れたかなというタイミングで、昨日の夜ご飯の前に不意打ちでキャリーバッグに入れようとしたら、私の殺気が凄かったのか、蓋を閉める前に急いで逃走されまたもや失敗。

もうダメなのか、はっちゃんをワクチンに連れていけないのかと、かなり落胆。はっちゃんも警戒して2度と来ないんじゃないかと絶望的になったのですが、その後ご飯だけ持って行ったら出てきてくれてホッとしました。

それで気持ちを入れ替えて2回目のご飯の時にもう一度チャレンジしました。キャリーバッグをカムフラージュで黒いバッグに入れ、心を落ち着かせ、はっちゃんにもちゃんと説明して病院行こうねって優しく抱っこして入れたら、ちょっと抵抗されそうになりましたが、何とか捕獲に成功。よかった〜

そして、はっちゃんには一泊してもらい、今朝病院で無事にワクチン打ってもらえました。


病院での、はっちゃん。

1609241




今年のウイルス検査も陰性、よかった。

1609242



今年も7種ワクチン。早くお家にお迎えして3種ワクチンにしたいなー。

1609243



お家でお泊まり中のはっちゃん。簡易トイレをボロボロにして籠城中。ご飯は食べてるけど、おトイレがまだなんだよねー。

1609244


病院頑張ったはっちゃん。本当にお利口さんでした。お家の中怖いけど明日の朝まで我慢してね。

ゆっくりランチ

年に一度のご褒美ランチで

御茶ノ水にあるテロワール ビストロ・ドゥ・カワバタにおじゃましました。

前回初めて訪れた時もとても美味しかったので

ぜひ相方くんを連れてきたかったのです。

川端シェフの経歴もすごいのですが

それよりもシェフの作るお料理のファンになってしまいました。



まず下戸な2人は、富士のミネラル水で乾杯!

最初にアミューズブーシュで

新キャベツのムース

1605011

ひんやりとしたムースがクリーミーで

キャベツの甘みが食欲をそそります。



続いてサーモン好きの相方くんにぜひ食べて貰いたかった

スモークサーモン

1605012

4日間かけて完成させるスモークサーモンは

バターをつけたパンとの相性も抜群。

添えられたピクルスもそれぞれが美味しくて

次のお皿への期待が膨らみます。



そしてもう一つの前菜

長葱のテリーヌ

1605013

桜海老の下に葱の美味しさを抽出したジュレが隠れていて

葱の甘み、ビネガーの軽い酸味と桜海老の香ばしさなどが

全部お口の中で絡み合って美味しく感じるという…

食べるって楽しい。



続いてお魚料理

アナゴのマトロート

1605014

フランスでは八目ウナギ、お口を開いたときの姿が何とも怖い

私はまだ食べたことのないウナギで作られるお料理だそうですが、

日本らしく穴子で。

お皿はあっつあつなのですが、穴子たちはちょうどいい温かさ

赤ワインで色付いた穴子もナイフを通せば中は真っ白

上に乗せてある朝摘み木の芽が

ソースと穴子をさらに美味しく感じさせます。



本日のメイン料理、私は

ブレス産若鶏のア・ラ・クレーム 三ツ星ジョルジュブラン風

1605015

シェフが修行した三ツ星レストランのひとつ

ジョルジュブラン風

クリームソースで煮込んだ鶏肉の下には

なんとご飯が。

温かくて美味しくて

クリームソース好きの私は、口に含んだまま

思わず目を閉じてしまうほどの幸福感。



相方くんのメインは

仔羊のロースト ローズマリー風

1605016

相方君曰く、

羊独特の臭みをギリギリのところまで残しながら

ソースによって最後の最後でフッとそれが消えるとのこと

魔法のような一皿だなぁ。




そしてデザート

グレープフルーツの寒天

1605017

一般的なグレープフルーツとピンクグレープフルーツを

ミックスして寒天で固めたさわやかな一品

ゴロゴロ果肉が残っていてもう少し食べたくなるくらい…





昨年突然卵白アレルギーが発覚した私は

お店のお気遣いで林檎のコンポート

1605018

皮もスパイスを加えてトッピング

素材を余すことなく使っているのがすばらしい

林檎のコンポートもこんなに美味しいんだと

コンポートに対するイメージも変わりました。




相方くんには

私が食べることが出来なかった

ヌガーグラッセ

1605019

卵白を使った氷菓

40を迎えるおじさんなのに

こんなにかわいい見た目と甘くて美味しそうなお菓子

私も食べたかった。




食後のコーヒーとお茶菓子

16050110


私用にドライフルーツと松の実が乗ったチョコレート

16050112

写真を撮り忘れましたが相方くんにはメレンゲの焼き菓子






前回もそうだったのですが、

帰り際シェフ自らご挨拶に、今回はお名刺まで頂いて嬉しかったです。

昨年はシニアソムリエにも合格されたそうで

その他名詞には唎酒師、焼酎唎酒師の肩書きも

ワイン好きなうちの姉連れてってあげたいな~と思いました。


最初から最後までお料理は淀みなく美味しく

一つの舞台を堪能したかのごとく

幕間も終わった後の余韻さえも楽しめる

ステキな時間を過ごすことができました。

次はいつ行けるかな~~

ねこ写真教室

自称人見知りの私は○○セミナーとかワークショップとか

行きたくても実行に移すことは、なかなか無いのですが、

昨日は猫写真家の中山祥代さんと上村雄高さんのユニット

Tabby Photo主催の写真教室があり、

溝の口の保護猫カフェ猫式さんにおじゃまして来ました!

溝の口の駅からは徒歩約8分の予定が

やっぱり逆の出口から出て無駄にぐるぐる回り、

15分程で無事に到着!


最初におすすめのカメラ設定の説明を受けた後

ひたすら撮る撮る確認する消す撮る撮る撮る……の繰り返しで

あっと言う間の2時間でした。


白猫さんの白が飛んでしまいましたが、

非常に仲の良さそうなこの2ニャン

猫式1

この後サビ猫さんの執拗な耳の穴なめなめ攻撃によって

2ニャンの穏やかな時は終わりを告げました。



前髪は切り過ぎていません!わざとです!

猫式2

何ていい顔するんでしょう。チュンチュンにしてある爪もステキ。




そして、仔猫を投入するからと言われ

楽しく遊んでいたじゃらしを一つ残らず回収されてしまい

去り行くじゃらしを最後まで見つめ

か細い可愛らしい声で鳴いていた茶トラさん

猫式3

さよなら僕のじゃらし

君が戻って来るのをずっと待っているよ(←すぐ忘れるタイプ)






そして、ほぼほぼ、この場所で眠っていたこちらのお方

猫式4

寝ているだけでこの存在感、福々しい。




後半になって投入された仔猫さん

猫式5

白いあごひげがプリティです。

なんでそんなところにチョンって。



仔猫さんは好奇心旺盛なので

結構自分から寄って来てくれました。

光の加減が好きな一枚。

猫式7





いつかお迎えしたい

さびねこさん

猫式6

楽しい時をありがとう。





他のみなさんは片手にじゃらしを持ち

目線ばっちりの可愛いお写真をたくさん撮っておられました。


私は、気が付けば寝ている猫さんか、他の人がじゃらしているのを

盗撮、盗撮、盗撮!

ごくたまに目線が来てもそれは、不審者を警戒するものばかり(笑)




猫式さんは保護猫カフェという名の通り、

在籍猫さんは里親さん募集中です。

猫グッズもたくさん置いてあり、もちろん猫さんは可愛いし

とても楽しい場所なので機会があればみなさんもぜひ!





子供の頃に可愛らしさのかけらもない黒の110カメラをもらった時から

少しずつカメラのバージョンアップをし、

ずっと自己流でほぼ動物ばかり撮ってきましたが、

今回初めてプロの方に教えていただき

自分の中では激変!

昨日教えてもらったことを繰り返し練習して

あとはあれだな、目線をもらいながら可愛く撮れる練習もしなきゃ。



と言うことで、帰ってなーちゃんで復習

151003なちゅ1

あー、何か全てが惜しい!





でもなーちゃんやっぱり可愛いねぇ。

151003なちゅ3





また白が飛んじゃったけど、

151003なちゅ2

お見合い写真にいけそうね。(嫁には出さないけど)





もちろんもーちゅも

151003もちゅ

もーちゅの飛翔写真もチャレンジしましたが、

彼の速さについていけず、面白写真がたくさん撮れました。

でも、以前チャレンジした時よりいい感じで

頑張ればいいのが撮れそうな気分(あくまでも気分)です。



ちょっと遠かったけど、写真教室行ってよかった♪

中山さん、上村さんありがとうございました。


次回の写真教室は11月1日(日曜日)、

同じく猫式さんで行われるそうです。

予約開始されてるようなので

興味のある方はぜひご参加ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。