FC2ブログ

ゆっくりランチ - LOVE ANIMAL

LOVE ANIMAL ホーム » スポンサー広告 » おいしいもの » ゆっくりランチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆっくりランチ

年に一度のご褒美ランチで

御茶ノ水にあるテロワール ビストロ・ドゥ・カワバタにおじゃましました。

前回初めて訪れた時もとても美味しかったので

ぜひ相方くんを連れてきたかったのです。

川端シェフの経歴もすごいのですが

それよりもシェフの作るお料理のファンになってしまいました。



まず下戸な2人は、富士のミネラル水で乾杯!

最初にアミューズブーシュで

新キャベツのムース

1605011

ひんやりとしたムースがクリーミーで

キャベツの甘みが食欲をそそります。



続いてサーモン好きの相方くんにぜひ食べて貰いたかった

スモークサーモン

1605012

4日間かけて完成させるスモークサーモンは

バターをつけたパンとの相性も抜群。

添えられたピクルスもそれぞれが美味しくて

次のお皿への期待が膨らみます。



そしてもう一つの前菜

長葱のテリーヌ

1605013

桜海老の下に葱の美味しさを抽出したジュレが隠れていて

葱の甘み、ビネガーの軽い酸味と桜海老の香ばしさなどが

全部お口の中で絡み合って美味しく感じるという…

食べるって楽しい。



続いてお魚料理

アナゴのマトロート

1605014

フランスでは八目ウナギ、お口を開いたときの姿が何とも怖い

私はまだ食べたことのないウナギで作られるお料理だそうですが、

日本らしく穴子で。

お皿はあっつあつなのですが、穴子たちはちょうどいい温かさ

赤ワインで色付いた穴子もナイフを通せば中は真っ白

上に乗せてある朝摘み木の芽が

ソースと穴子をさらに美味しく感じさせます。



本日のメイン料理、私は

ブレス産若鶏のア・ラ・クレーム 三ツ星ジョルジュブラン風

1605015

シェフが修行した三ツ星レストランのひとつ

ジョルジュブラン風

クリームソースで煮込んだ鶏肉の下には

なんとご飯が。

温かくて美味しくて

クリームソース好きの私は、口に含んだまま

思わず目を閉じてしまうほどの幸福感。



相方くんのメインは

仔羊のロースト ローズマリー風

1605016

相方君曰く、

羊独特の臭みをギリギリのところまで残しながら

ソースによって最後の最後でフッとそれが消えるとのこと

魔法のような一皿だなぁ。




そしてデザート

グレープフルーツの寒天

1605017

一般的なグレープフルーツとピンクグレープフルーツを

ミックスして寒天で固めたさわやかな一品

ゴロゴロ果肉が残っていてもう少し食べたくなるくらい…





昨年突然卵白アレルギーが発覚した私は

お店のお気遣いで林檎のコンポート

1605018

皮もスパイスを加えてトッピング

素材を余すことなく使っているのがすばらしい

林檎のコンポートもこんなに美味しいんだと

コンポートに対するイメージも変わりました。




相方くんには

私が食べることが出来なかった

ヌガーグラッセ

1605019

卵白を使った氷菓

40を迎えるおじさんなのに

こんなにかわいい見た目と甘くて美味しそうなお菓子

私も食べたかった。




食後のコーヒーとお茶菓子

16050110


私用にドライフルーツと松の実が乗ったチョコレート

16050112

写真を撮り忘れましたが相方くんにはメレンゲの焼き菓子






前回もそうだったのですが、

帰り際シェフ自らご挨拶に、今回はお名刺まで頂いて嬉しかったです。

昨年はシニアソムリエにも合格されたそうで

その他名詞には唎酒師、焼酎唎酒師の肩書きも

ワイン好きなうちの姉連れてってあげたいな~と思いました。


最初から最後までお料理は淀みなく美味しく

一つの舞台を堪能したかのごとく

幕間も終わった後の余韻さえも楽しめる

ステキな時間を過ごすことができました。

次はいつ行けるかな~~
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mortini.blog92.fc2.com/tb.php/241-0f8b4689

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。